パワーアップ・ジャパンFROM TOKYO-東京都2020公認プログラム-2017武道フェスティバル石巻
今年で7回目となる武道フェスティバルが9月30日及び10月1日の2日間開催された。震災以降、東京都及び一般社団法人アスリート会議の全面的協力をいただき開催しているもので、30日(土)は、スポーツ評論家の玉木正之氏が石巻グランドホテルで、「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けての現状〜日本武道館の歴史〜」と題して講演を行った。また、1日(日)は、午前8時45分から総合体育館を会場に、柔道の溝口紀子氏、剣道の大石香菜氏、空手道の篠原浩人氏が講師となり、実技指導並びに講義が行われた。いずれの講師も世界トップレベルの技術を有し、指導力も優れており、参加した中高生は必死にその技能を修得するよう目を輝かせ練習していたのが印象的であった。また、書道、華道、茶道の文化ブースを設け宮城県石巻高等学校書道部、石巻市立桜坂高等学校華道部、茶道部に協力頂き一般の方にも体験して頂いた。